• 215月

    SAECが先日の展示会でトーンアーム「WE-4700」を参考出展したそうで。

    見た感じはまるっきりWE-407/23に見えますが、実際には全くの別物になってるようですね。
    そもそも当時のトーンアームはオーディオエンジニアリングが発売元で、販売していたのがサエクコマースだったと記憶してます。
    カートリッジも初期のものはそうですが、その後のXC-10からはサエクコマースです。
    いずれにしてもカートリッジのほうはおそらくOEMだったと思われますけど。

    ちなみにオーディオエンジニアリングもサエクコマースもジムテックというところから分離独立した会社だそうです。
    父親の影響でかろうじてJIMTECは知っていますが、名前の由来が「ジムラン」と「アルテック」というところからして当時のオーディオ界はまだまだ海外のコピー的な要素が強かったのが感じ取れます。
    ちなみにオーディオ周辺機器で有名なメルコもココから独立したもので、昔は糸ドライブのターンテーブルなどを作っていました。
    会長はずっとオーディオに未練があったようですし、ターンテーブルもマイクロ精機にパクられたみたいなことを言っていたとかなんとか…。
    なんだかどれも消えてしまった会社ですし、技術ばかりですけど。

    そんな中、いろんなしがらみはあるでしょうけれども、SAECのトーンアームが復活しそうなのはユーザーとしても好ましいところです。
    金属加工などの製造は内野精工というところがやっているようで、自社ブランドでもQUALLIUM UTA-200Aというトーンアームも参考出展していたようです。
    正直、こっちのほうが独自性があって良いのでは?とも思いますが、やっぱり懐古趣味的ニーズは大きいでしょうからねぇ。

    サエクの古いアームはもう実質、修理ができない状態に陥っていて、当時の精度が出ていない個体もおそらく多いはずです。
    うちのWE-407/23もたぶんそうでしょう。
    そういう意味では過去の製品の補修も請け負ってくれるなら、さらに大歓迎なんですけどね。
    見た目にはソックリでも、部品自体は削り出しに変更されているものも多いようで、曰く当時の10倍以上の精度なんだとか。
    削り出しというと高級みたいな風潮がありますが、実際は少量生産に向いているというだけで必ずしも良いことばかりではないのですけどね。
    元となる材料が均質でない場合は、重量バランスの補正ができないという欠点もあるわけですし、組み上げ精度も含めて考える必要があるでしょうし。

    お値段や発売時期も公式には未定とされていますが、海外のサイトではUS$8500-9500といった噂が出ています。
    お値段のほうもどうやら10倍以上のようですね。
    個人的には価格でとやかく言うのは的外れで、要は物が良いか、悪いか、という単純な問題だとは思っています。
    ただ過去の焼き直しで作るのであれば、当時の製品やユーザーへのリスペクトやサポートがあったほうが良いのかなとは感じます。
    まだ今はスタート地点でしょうから、将来的に「新次元のSAECトーンアーム」を生み出してくれたら良いなと期待しています。

    Filed under: Audio
    2018/05/21 12:00 pm | No Comments
  • 205月

    ACOUSTIC REVIVEの電源タップ「RTP-4 absolute」を2つ導入してクリーン電源をやめてから10日ほど経ったので、そろそろ肝心の音について触れてみたいと思います。

    まず設置ですが、前回も書いたように足元にはヒッコリーボードを敷き、その上に置く形を取りました。
    ベストは電源タップ用クォーツアンダーボード「TB-38H」かもしれませんが、ヒッコリーボードの部分は同じですし、十分な効果が出ていると思っています。

    電源タップまでの電源ケーブルはACOUSTIC REVIVEの「POWER STANDARD TripleC-FM」を双方ともに使用しました。
    また壁コンセントはRTP-4 absoluteで使われているのと同じGTX-D NCFの特別仕様のものを、コンセントベースもCB-1DBを使用してあります。

    この部屋にはあいにくアースが来てなくて、2階のトイレから市販のアース線で引き込んでみるという力技も試しましたが結果的には元に戻しました。
    家庭アースは外にアース棒が埋めてあるのを確認していますが、それにはリビングのエアコン、それに冷蔵庫などもつながっており、シャーシ電位こそ下がる(18〜20V→6〜8Vに)ものの、ノイズ対策には逆効果でした。
    また出音の面でもRTP-4 absolute導入のメリットでもある力強さや輪郭の明瞭さが失われがちでした。

    電源タップからの電源ケーブルもだいぶ試行錯誤しましたが、うちは古い機材も多いので直生えの電源ケーブルも多く、その点では悩みはそう多くはありません。
    変更点としてはAKURATE DSとパワーアンプの電源ケーブルをPOWER STANDARDベースの2芯特別仕様に切り替えたくらいです。
    と言ってもこの2本での変更、とりわけパワーアンプ側の変更が恐ろしく効果大だったのですけどね。

    理由は色々あると思いますが、RTP-4 absoluteも含め、NCFという素材の素晴らしさが音に貢献しているところは非常に大きいと思われます。
    「NCF」はACOUSTIC REVIVEとFURUTECHが共同開発したもので、帯電防止効果が期待されます。
    NCF Booster-Signalも壁コンセント部分に使っていますが、私感としては信号系よりも電源周りで使用した時のほうが効果が分かりやすいと思います。

    さてこうやって電源周りが一新されたわけですが、いちばん大きな違いは音楽が躍動的で活き活きとしているところでしょう。
    クリーン電源使用時のサウンドは繊細ではあるものの、時として神経質でクリーンルームで育った菌床栽培のキノコのような味気なさが感じられるケースがありました。
    また日々の外来ノイズの変化を嫌って導入したはずなのに、実際にはちょっとした変化に神経質だったことにも気づかされました。
    それはおそらく僅かな電源歪率の変化よりも、数字に現れにくい高周波ノイズや大切な中域に被ってくる高次高調波が出音に交じることのほうが影響が大きいということの現れでしょう。

    アンプ系とデジタル(入力)系にタップを分ける、という非常に基本的な原点に立ち返った対策も功を奏していると思います。
    ケーブルの配置や種類を決めるにあたっても、最初はあえて耳での主観的評価ではなく、出音の残留ノイズを見て悪いものを排除・改善していく形で決めていったのも迷いがなく進められました。
    うちの環境ではアースループを防ぐ意味でも2芯の電源ケーブルを適宜入れたほうが良好でしたし、AKURATE DSではやはりアース戻しをやったほうが良く、そこは同じ入力系のタップに逆接地アダプタで戻す形を取りました。
    またターンテーブルの電源は当初アンプ(アナログ)系から取っていましたが、これもモーターを回転させるとノイズが増えることから入力系にまとめる形で収まっています。
    さらにヘッドフォン系は信号ケーブルが一切つながっていなくても電源タップが共通なだけで、USB経由でパソコン側のノイズを拾うため、PC系の壁コンセント側からの供給としました。

    まさにこうしたアースループやシャーシ電位といった要素が指針となるような部分で、RTP-4 absoluteのメリットが大きく活きてきているように感じています。
    強固なシャーシはそれ自体が仮想アースのような効果を持っていて、機器相互のノイズの影響を最低限に留めてくれるような印象があります。
    それは出音にもしっかり反映されていて、どのソースでも抜群の安定感があります。
    とにかく曖昧さが微塵もなく、音の骨格がしっかりしてくれるので、安心して音楽に集中できるのです。

    まずはAKURATE DSを中心にセッティングや配線を決めていきましたが、これまでネットワークオーディオやUSB-DACで感じたようなギスギスした印象がようやく消沈し、本来Linnが持つアナログのような厚みが感じられるところまで引き出せるようになりました。
    ハイレゾ音源のメリットもこれでこそ享受できるというものですし、CDからのリッピング音源でもDP-77に肩を並べる、あるいは一部凌駕するところも出てくるところまで到達できた気がします。

    入力側もさることながら、プリアンプ、パワーアンプの底上げも半端ないものです。
    これまでパワーアンプは壁コンセントから直接給電していたわけですが、それを軽く上回る圧倒的な説得力とエナジーで音楽を奏でてくれています。
    とりわけ空間再現力が大きく向上していて、ともするとケーブルでそれを補おうとしていた部分を排除することができました。
    そうした対処はどうしても付帯音や位相の乱れにつながる要素も持ち合わせているわけで、実際計測してみても高調波が増える傾向がありました。
    そういう迷いが排除されたことで、音離れが良く、スピーカーにまとわりつくような感覚が解消されたわけです。
    もちろん、音源に含まれるアンビエンスは正確に欠けることなく再現されますし、音源からダイレクトに音場が再現される感覚で、妙な溜めのないストレートな表現を引き出してくれます。

    音楽を聴いている時に受ける心への届き方もこれまでとは大きく違っていて、これまではどこか表層的になりがちだったもの、心の奥底に響くようになった気がします。
    ファーストインプレッションでも感じたことですが、変な喩えではありますけれど単に身体を温めてくれるユニットバスから、心の底から「ハァ~」と声に出てしまうような露天風呂の開放感、充実感が得られるようになったというと言い過ぎでしょうか。
    とりわけ暖かく、穏やかな気分になれるのは音色が寒色系から暖色系に変わった、とも言えるかもしれませんが、そう単純でもなく、やはり音楽の訴求力自体が向上したのだと私は感じています。

    もう少しオーディオレビューっぽい触れ方もしておきましょう。
    音の違いとしては低域の力強さ、切れ、音の通り方が全く別物になっています。
    これまではどこか遠慮がちでB&W 802S2のウーファーは「動いてるのかな?」という雰囲気でしたが、RTP-4 absolute導入後はそんな遠慮は一切なく、ウーファー2本が弾けるように本来の実力をフルに引き出されています。
    それだけにまさに遠慮のないサウンドですから、うっかり音量を上げ過ぎるのには気をつけないといけません。

    CDやレコードでも、音の厚みがこれまでとは全く違います。
    音傾向が押しが強いとか輪郭が太いとかに変わったわけではなく、前後左右に広大な音場が展開されるのです。
    もちろんその上で芯はしっかりとしていて、機器自体は変わらないわけですから音傾向はは同じですけれど、細部の描写力が全く違っています。
    聴きながら書いたメモには「原画とリトグラフのような違い」と書いてありましたが、まさにその通りの感想です。

    正直、「導入して心底良かった」というのが100の言葉を並べるより明確な答えでしょう。
    もちろん個々の環境や予算などもお有りなことは承知していますが、電源周りに迷いのある方にはひとつのゴールになり得る存在だと確信しています。

    Filed under: Audio
    2018/05/20 12:00 pm | No Comments
  • 195月

    新生Olasonicから初となる新製品、Bluetoothスピーカー「IA-BT7」が発表されました。

    6/8の発売だそうで、私が予想していたのとはだいぶ違うものの、小手先の新製品ではなく、これからのOlasonic、オーディオ界を意識した製品になっています。
    Bluetooth自体には私自身は正直、懐疑的ですが以前の「Olasonic完全読本」の付録Bluetoothヘッドホンアンプもかなり良い音でしたから、Bluetoothが悪いというわけではなく「真面目に作ってない」という要素のほうが大きいのかなとも思っていました。
    前回は付録だったこともあり、SBCのみの対応でそこも色々言われていましたけども、今回はしっかり以下のコーデックに対応したものになっています。

    SBC
    AAC
    Qualcomm aptX
    Qualcomm aptX HD
    LDAC

    中でもLDACに対応した製品というのはソニー以外ではあんまりないのではないでしょうか。
    そこは開発に関わる人物に元ソニーの方が多いOlasonicならでは、なのかなと思います。
    Bluetoothモジュールはあえて汎用品を使わず、QualcommのCSR8675を使って自社開発したんだとか。
    ただiPhoneだとAACということになってしまうのは残念なところではありますが…。

    内容的にはスマートスピーカーを強く意識した内容で、そもそもそちらの開発も考えたようですね。
    ただ、まずは音質優先という意図の中でBluetoothとアナログ入力というチョイスになっています。
    Bluetoothは内部で96kHzにアップコンバートされたり、アナログ入力もデジタル処理される辺りもソニーっぽさが感じられます。
    おそらくサイズ的にもDSP的なことをやる必要があるでしょうし、そうしたバランスを考えた上でのチョイスでしょう。

    電源もOlasonicらしく、ACアダプター駆動となっています。
    15V4Aだそうで、NANOCOMPOもそうでしたけども、ここを強化できる仕組みも用意してくれると面白いのになぁとはちょっと思いますね。
    また、せっかくBluetoothで配線をスマートにしたわけですから、そこもACアダプタがベストだったのかはやや気になるところです。
    その代わり、音だけでなくデザインも音質を重視したからこその拘りが感じられ、筐体はリアルウッドとなっています。
    コンパクトなBluetoothスピーカーが多い中、重さもしっかり2.2kgほどありますし。

    スピーカー部分は左右φ57mmコーン型フルレンジで、中央にφ110mmコーン型サブウーファーを配しています。
    さらに背面には120㎜×80㎜のパッシブラジエータと、この辺りは卵型スピーカーのノウハウを反映しつつ、今の時代に合った形にしてきたなと。
    アンプはTIのTAS5782を2個使ってあり、10W+10W+20Wというものです。
    デジタルアンプなのは普通のことですが、最新チップを使ってくる辺りもOlasonicらしさが感じられますね。

    サイズは275mm×144mm×65mmだそうで、写真で見るイメージよりはコンパクトですが、ある意味、スマホ自体の「ラジカセ」なんじゃないかなと感じました。
    音質チューニングにはミキサーズラボが関わったそうで、その辺りは個人的には吉と出るのか否か、聴いてみないと判断できないところかなぁ。
    正直言って、私が求めているオーディオのイメージとは全く違うものですが、音楽を楽しもうという層を増やす、減らさないためには必要な存在であるとも思います。
    むしろオーディオに興味がない音楽好き、ポータブルオーディオやスマホで音楽を普段楽しんでいる方にぜひ試していただきたい製品になっていることでしょう。

    Filed under: Audio
    2018/05/19 12:00 pm | No Comments
  • 185月

    audiounion DAYの第5回、vol.5が6/10に開催されるそうで。

    今回の各店のイベントはこんな感じです。

    ■お茶の水店: Sonusfaber GUARNERI × Strings Duo Concert!
    ■お茶の水ハイエンド中古館:SOULNOTE E-2 で DS AUDIOの光カートリッジを 聴く!
    ■お茶の水ハイエンド館: 「レコードクリーニング!! 劇的ビフォーアフター」
    ■お茶の水アクセサリー館: 「メッキで音は変わるのか!? マニアック試聴会」
    ■新宿店: DELA 使いこなし術 Q&A
    ■吉祥寺店: 好評につき第2弾! かんたんCDリッピング!! CocktailAudio X45 体験会
    ■町田店: ESOTERICによる新たなる音楽再生体験会
    ■千葉店: TechDAS AirForce Vでレコードを堪能しよう!
    ■柏中古センター:  アキュフェーズ社カートリッジAC-6でアナログレコードを聴く! 体験試聴会開催!

    当初からネットワークオーディオやレコードが目立ちましたが、今回も同じようなテーマが多い気はします。
    その中で変わってるのはアクセサリー館で、メッキで音が変わるか?という深い(?)内容になってます。
    ケーブル自体も銀コートとかあるわけですが、このイベントではケーブル自体やプラグ本体まで共通にしておいて、プラグのメッキだけを替えるんだとか。
    メッキの種類は「K24、K14、ピンクゴールド、ロジウム、黒ルテニウム、ニッケル、銅、銅錫」といった具合だとか。
    個人的にはメッキもたしかに違いますけど、ケーブルの加工具合でも大きく変わってしまうので、そちらの要素のほうが大きいかもなぁとは思います。
    またメッキの下地処理もあるでしょうし、メッキの厚さもあったり…。
    それでも「アクセサリー館」らしいイベントなのは楽しいと思います。

    レコードクリーニングはKLAUDIOとHANNLで、レコードの持ち込み体験もできるんだとか。
    各機種1枚までだそうですから2枚まで持って行けるというわけですね。
    それを持ってハイエンド中古館で試聴なんてこともできるのかな?

    他は場所も離れてしまいますが、千葉や柏のアナログレコード系が気になるところです。
    私は行けそうにありませんけど、お近くの方は興味のあるイベントに行けて良いなぁと。
    それぞれで時間帯やスケジュールがあると思うので、事前にそこはしっかりチェックしておいたほうが良いと思います。

    Filed under: Audio
    2018/05/18 12:00 pm | No Comments
  • 175月

    Accuphaseから一体型SACDプレーヤー「DP-750」が6月下旬に発売されるそうで。

    2013年12月に発売となった「DP-720」の後継モデルとなるわけですが、お値段はDP-720の110万円から120万円に。
    4年以上の月日が経ったわけですし、最近の光学ディスクの状況を見ればお値段よりも出してくれることに感謝するしかないでしょうね。
    DACはES9018からES9028PROにグレードアップされています。
    内部画像はまだ出回っていないようなので詳細は分かりませんが、MDSD方式などの基本的な部分はそう大きく変化していないと思われます。
    アナログ部もガラスフッ素樹脂を使った左右独立基板といった基本的要素に変化はないようです。
    重量も28kgから微増の28.2kgですし。

    いちばん大きく変化していると予想されるのはトランスポート部でしょう。
    ドライブの静音化には最近注力しているようですし、振動と騒音低減のため、アウトローター型ブラシレスDCモーターを採用したようです。
    また回転軸も太くしたり、トランスポートの上蓋部分となるブリッジと呼ばれる部材もアルミ削り出しの1.8kgほどのものにしたとのこと。
    まぁ全体としての重量はほとんど変わってないし、以前は重量は書いてなかったですけどね。
    なんとなくCDが登場した頃のアナログプレーヤーの謳い文句みたいな雰囲気になってきてる気もしないではないですが、SACDはたしかに高速回転するので結構うるさいですし、静かなのは良いことですね。

    スペックとしてはUSBで32bit/384kHzまで、11.2MHzまでのDSD対応となっています。
    DVD等に焼いたデータディスク再生も対応してますが、こちらはなぜか24bit/192kHz、5.6MHzまでのDSDとなっています。
    ドライブの読み込み速度に起因する上限なのかな?
    そのピックアップはおそらくソニー製からD&M製に変更になっていることでしょう。

    他にもDELAのマーカーレスDSDにも対応したそうですが、データ再生は変わらずDELAでやってね、という意図もあるのでしょう。
    「HS-LINK」もVer.2になって、さきほどのデータディスクの5.6MHzのDSDにも対応したとのことです。
    逆に言えばUSBで入れたものは内蔵のDACで…ということで、DDCとしては使えないのでしょうね。

    セパレートまでは行きたくないけど、DP-720では古いし…と思っていらしたAccuphaseのSACDプレーヤーユーザーには待望のモデルということでしょうか。
    順当な進化ですし、将来的な保守の面でもピックアップの心配は減ると言えそうです。
    それだけに冒険的な要素はありませんが、それはさらに上位モデルで今後トライしていってもらえればなぁと思いますが、どうかなぁ。
    DAC部分にもう少し革新的な何かが将来、出てきて欲しいなぁと個人的には期待しています。

    Filed under: Audio
    2018/05/17 2:00 pm | No Comments
  • 165月

    ユキムからオーディオ専用除電ブラシ「ASB-1」が5/24に発売だそうで。

    ユキムからはSFCとして除電ブラシが出ていたんですが、いつの間にか店頭から消えていたんですよね。
    それで私はクレオスの「MB20」を見つけ出して購入したわけですが。

    以前のSFCやクレオスはサンダーロンという繊維を使っていましたが、今回は三菱ケミカルの芯鞘複合導電アクリル繊維「COREBRID B」というものに変更になってるんだとか。
    こちらは導電粒子が芯にあるので摩耗した粉が対象物の表面に残ることがなくなったとのこと。
    これまでさんざん売り込んどいてソレを言っちゃうの?という気がしますけれども…。

    たしかにそういう懸念もあるからサンダーロンをあえて短めに植毛してあったのでしょうが、今回からは天然羊毛と同じ長さにできるようになったというメリットはあるようです。
    ただしクレオスは山羊毛ですので、その違いは製造元が変わったのかな?とも邪推できますけどね。
    実際、公式サイトには光城精工の協力で製造してるそうです。
    ちなみに以前のSFCも正体不明みたいな扱いでしたが、古いオーディオ雑誌によると株式会社エス・エフ・シーがそうみたいです。
    それに芯が導電だとして周囲は通電しない構造だと点接触した部分でしか通電できないような気もしますが、そこはさすがに検証した上での変更でしょうね。

    お値段は9,800円(税込)ですので、クレオスが入手可能なうちはそちらのほうがお買い得かも。
    別にオーディオ用に開発する意義を削ぐつもりはありませんし、新規開発することも良いとは思いますけどね。

    Filed under: Audio
    2018/05/16 9:00 pm | No Comments