• 211月

    CHORDのXLRケーブル「Anthem Reference XLR」をゲットしてみました。

    理由としてはHD-7Aに使っているIndigo Plus RCAが非常に良い感じで、逆にDP-77に使っていたCardas HEXLINK-5C XLRがちょっと音がキツすぎたためです。
    他の手持ちのXLRケーブルに戻すのも試したのですが、Indigo PlusをDP-77に使っていた時の雰囲気には戻らず、これをDP-77に持っていくべきかなぁと一時期は考えていました。

    ただそうなるとHD-7Aに持ってくるRCAケーブルでまた悩むことになりますし、C-280Lの配置としてフォノ入力の隣がCD入力(RCA)となるので、ノイズの混入がやや不安だったこともあり、それなら同じCHORDのXLRを…となったわけです。
    発売はおそらく2012年くらいでIndigo Plusよりはやや新しいですし、ARAYテクノロジーも用いた新世代のCHORDではあるかなと。

    XLRプラグはシンプルなノイトリック製ですし、ケーブルもそんな特別に太くもありませんが、銀メッキの無酸素銅、テフロン系の絶縁体、そして網線とアルミホイルによる2重シールドと基本に忠実そうなのも気に入りました。

    予定通り、DP-77のXLRケーブルをCardasから変更しましたが、まず感じたのは横方向の音場の広がりがある点です。
    ボーカルはやや膨らみを持った感はありますが、刺激が強過ぎず、それでありながらより滑舌の良い、細かな息遣いが聴き取れるものです。
    低域の深みもゴリっとせず、深遠さがあり、全体的にやはりIndigo Plusに非常に似ていると思います。

    さらにARAY構造も効いているのか、ユニットが前後にしっかり揺さぶられてるイメージがあります。
    言い換えれば、駆動力に精度があるような感じで、ディスクからの出力がそのままプリに運ばれる…という基本的な性能がよりしっかり確保されているようです。
    この点も含め、少なくともRCAよりXLRのメリットが出せているように感じます。
    高域はサラサラした感触で、帯域を通じてS/Nがとても良いのでピアニッシモでの静寂感がとても高まりました。
    そうした特性の良さと音楽的なバランスが両立していて、現代的な部分と以前のCHORDの良さを両面持ち合わせているように思います。

    ちょっとバタバタしていたのでまだじっくり聴けてない部分もありますが、まさに予想通りの音傾向でしたのでコレでもう変更の必要はなさそうです。
    慣れてくると現状は若干、Cardasの電源ケーブルの支配力も大きい気がしてきましたので、そちらのほうは見直す可能性もあるかもしれません。
    ただ、現状の組み合わせでもむしろついつい音量を上げてしまいがちなほど心地よい音楽の空間が生み出されていて、その包み込むような包容力と、それでいて緻密に溢れ出てくる表現力は結構気に入っています。
    これでオーディオは休止…といきたいところですが、ちょっと予想外の展開がありまして、もうちょっと細かい(価格が細かいとは言ってない)変更がありまして、そちらについてはまた後日。

    Filed under: Audio
    2018/01/21 12:00 pm | No Comments
  • 201月

    FIDELIXのDC電源「FL-AC-zn2」を入手しました。

    9V1.4Aという定格のこの電源、以下の対応機種となっていてzionoteさんから発売という感じになっています。

    対応機種:
    JAVS X-DDC/plus、UDT-1、DAC-2MARCH、DAC-2USB
    M2TECH hiFace Evo
    izmo M1 / M1-z
    オーロラサウンド BusPower-Pro

    内部についても一応確認してみました。

    FIDELIXオリジナルの3端子レギュレータが特徴的な内部構造です。
    底面に取り付けられていますので、足回りが結構大事そうですね。
    本体側面の放熱板っぽいものはおそらくそんなに大きな役割を担ってはないように見えますが、発熱は少ないので連続運転の不安もなさそうです。

    用途としては当然ながら私が使っているJAVS X-DDCで使おうというわけです。
    これまでは無線用のトランス式定電圧電源を使っていましたが、メータが壊れているのと発熱などの安全面でそろそろ不安が出てきたなぁと。
    X-DDCはバスパワーでも動作するものですから、これだとオンにしなくても良いかなぁと思ってしまいがちでしたし。
    まずは電源オフでUSBバスパワーのまま、現状の音をHD-7A、LUXMAN P-1経由で確認します。
    フワッと広がる印象はヘッドフォンで聴く上では音場が広いようにも感じられますが、中低域が厚くなり音が拡散しているという気もします。
    なんとなく音に揺らぎがあるためにそう感じるのかもしれないなぁという印象も受けます。

    そこで電源を入れて鳴らしてみますと、まず明瞭度の高さが印象的です。
    かなりカチッとした音になる感覚で、さきほどまでのフワッとした音の広がりは薄まります。
    その分、基音がしっかりして歯切れが良くなっています。

    さらにここで以前の安定化電源に挿し換えてみますと、こちらはUSBバスパワーとの差があまり感じられません。
    やはりUSBバスパワーよりはフワッと広がる印象は減りますがそれも微小な変化で、中低域の厚さは同じです。
    FIDELIXと比べると、やや音が引っ込む印象も感じます。
    再度、FIDELIXに戻してみると、音の押しがしっかりしていて音源に忠実になっているのが分かります。
    また、フォルティシモで歪みが減っていて、ハイレゾほど滑らかさが出ているようです。
    ややスッキリ系の音色にはなっていますが、DDCとしての底上げはできているように思います。
    なお、コンセントの極性を入れ替えてみたりしましたが、出力電圧に変化はなく、その点ではそんなに気にしなくても大丈夫そうです。
    私は音に広がりがあって高域も澄んでいるほうを選んでおきました。

    ここでちゃんとした場所に設置しましたが、まずはトランスが他の機器に与える影響を考え、なるべく離れた位置に置くことにしました。
    設置位置の都合でガタツキがあったのでそれを取る意味合いと、前述の3端子レギュレーターが底面にネジで固定されている点を配慮し、J1 Projectをガタツキがないように4点ではなく3点支持で敷いてみました。
    これで力強さが出たようです。
    また、電源投入から安定までやや時間がかかるようで、安定してくると楽器の音色が美しくなって曖昧さがグッと少なくなる印象です。
    聴いていると、次第に次々と音が溢れ出してくるようで、ちょっと本気聴きになり過ぎる感はありますが、導入の効果は確かにあるようです。
    常時電源オンでも良いのでしょうが、私自身は電源入れっぱなしがどうももったいなく感じてしまう性なので、普段聞きと本気モードでUSBバスパワーと使い分ける形になるでしょう。

    全般的にはPCオーディオから普通のCDプレーヤーの出音に近づくような感覚を受けましたし、導入の効果はかなりあったと思います。
    USBからの給電を遮断したほうが良いのかもしれませんし、まだ対策が万全というわけではないでしょうが、PC臭さがはずいぶん解消されたようには思います。
    本音としてはまだパソコンからの再生は発展途上な部分も抱えていると思っていますし、DDCではDSDに対応しづらいということもあり、当面はこのくらいで良いのかなというところもありますので、ひとまずこの辺りで強化は休止かなと考えているところです。

    Filed under: Audio
    2018/01/20 12:00 pm | No Comments
  • 181月

    予想以上のお気に入りになって毎日愛用しているSENNHEISER HD600ですが、もうちょっと純正ケーブルで行くつもりが急遽予定変更です。
    リケーブルしたのはonsoの「hpct_01_ub6p_300」という型番のものです。

    コネクタはアンプ側が6.3mm3極のアンバランス、ヘッドフォン側がHD650タイプとの記載の2pinのものです。
    型番がちょっと複雑ですけどもonsoとしては初期に出したタイプかと思われます。
    正直それほど注目してなかったブランドですが、最初フジヤエービックで処分価格になってるのを見つけ、Amazonを見たらそれ以上にお安くなっていたのでウィッシュリストに入れておいたんですよね。
    するとみるみる下がって、さすがにコレなら買いでしょう!と。

    ただ注文直後に再度眺めてみると200円以上下がっていたため、一旦キャンセルして再注文。
    さらにまたもう一度見ると微妙に5円ほど下がってましたが、さすがにキャンセルせず素直に待つことにしました。
    Amazonの場合、配送までの最低価格保証があったように記憶してましたが、それは予約した場合(それも例外あり)に限られるようです。
    結局、最低価格よりは5円高く届きましたが、そのくらいはまぁ誤差の範囲ということで…。
    ちなみに今はウィッシュリストに入れた当初より5%くらいは安くなってますが、かなり元の価格に戻ってます。

    そんなこんなで選んだ理由のほとんどは価格ですが、PCUHDを導体に使い、糸網組ジャケット、そして何よりも6.3mm直接でつなげるというのが良いなぁと。
    なお、フォン側が金メッキ、2pin側はロジウムメッキになっています。

    HD650しか書かれていませんでしたが、HD600でも何の問題もなく装着できました。
    そもそもほぼ同じコネクタと言って良いのでしょうね。

    届いてみると思ったよりは細手でしたが、純正よりも絡みづらいのは非常に良いです。
    またそれほど期待してなかった音も、エージング前から全く鮮度が違ってベールが取れたようです。
    特性で言えば高域が伸びているのでしょうけれど、そうした言葉は不要なくらい、生々しさが感じられる音色です。
    直前まで純正ケーブルで聴いていたギターのアルバムで比べると、弦の擦れる音がより明瞭になっていますし、奏者の弦を弾くタイミングという意味での息遣いまで感じ取れるようです。
    実際の呼吸が聞こえるわけではないんですが、どうもオーディオケーブルというよりも楽器のケーブルのような音作りがなされているように感じる部分があります。

    ジャンルもさらに選ばなくなりオールマイティさも文句なしです。
    オーケストラの雄大さと楽器それぞれの分離がしっかり両立しているので、Hi-Fi的な要素もありつつ、音楽の楽しさもしっかり残してあります。
    もちろん、ハイレゾ音源の密度感も良く出ていて、コレでこそホントのハイレゾ対応では?とすら思うほどです。

    HD598とも比べてみましたが、こちらも「良い雰囲気」ではあるのですが、その言葉通り、なんとなく良い雰囲気で鳴ってるのだけれども、良く聴こうとすると精度の点で大きな差が出ています。
    通常のリスニングではそれで十分とも言えますし、かえって気楽に聴ける要素もたしかにあるでしょう。
    ただ、中低域が厚めで改めて比べてしまうと、ややわざとらしさを感じる部分もあります。
    ただ、LUXMAN P-1でも300Ωはやや駆動しづらいのか、HD598(50Ω)だと駆動力に余裕が出てくる面も多少感じられます。

    再度、リケーブルしたHD600に戻すと、空気を揺り動かす感じが強く、まるでダンピングファクターが上がったような感覚です。
    ボーカルのヌケが良いですし、やはり明らかにワイドレンジになっています。
    その後も結局、HD600ばかり使っているという現実が全てを物語っていると言えるでしょう。
    ちょっと予定外のリケーブルでしたが、ひさご電材さんの手堅い作りに改めて感心させられました。
    他の種類は特に安くなってないですし、強度はお世辞にも強そうではありませんが、まさにこの2pin-6.3mmが欲しい!という方にはオススメできるのではないかと思います。

    Filed under: Audio
    2018/01/18 12:00 pm | No Comments
  • 171月

    Phase TechのDAC「HD-7A」の足回りはスパイクにしてありましたが、ヘッドフォン環境に専念させるにあたって見直すことにしました。

    理由はもちろん音傾向もありますが、スパイクだとケーブルなどに引っ張られて動きやすかったり、金属のスパイク受けなので通電性が出てしまうので、LUXMAN P-1と機材を重ね置きしてる関係上、あまり良くないかなと。
    本来は下のラックに入れてしまっても良いのですが、ガラス扉があるので使い勝手がイマイチなんですよねぇ。
    ガラス扉を外してしまうのも考えましたが、そもそもラックの強度が低いので…。
    またいちばん大きな理由は左隣にレコードプレーヤーがあり、トーンアームと高さや距離が近いこともあり、HD-7Aの電源を入れているとフォノがハムを拾ってしまう点です。
    電源を切っておけば一応問題はないのですが、できるだけ距離を離すのがいちばんなので高さを下げるのと右端に寄せたいなと。

    ただスパイクはDALI CONES/BCを両面テープで貼り付けてありますから、まずは音傾向の変化を確認するため、スパイクを残したまま、その下にJ1 ProjectのマテリアルC+T ハイブリッドダンピングパッド「C48S」を挟んでみました。
    当然ながら高さは余計高くなってしまうのですが、右に移動はこのタイミングで可能な限りやっておきました。
    J1 Projectはやや滑りづらい傾向ですから、物理的に動きにくくなったのはまず良い傾向です。
    音傾向としては中高域のキツさはやや減って、ボリュームを上げてもうるさくない気はしますが、あまり大きな変化ではありませんでした。

    こうなるとスパイクの音の支配力が高そうだと判断して外してしまいました。
    高さはそれほど変わりませんが、まずはSPECのインシュレーターを試します。
    これはまず滑りやすいので、やや動きやすいというのは難点です。
    音傾向としては有機的なサウンドになった印象があり、中低域がやや厚めになってスパイクよりは明らかに良好です。
    中高域のキツさも減っています。

    そこで調子に乗ってSPECの上にJ1 Projectという、当初の目的を忘れたような配置も試してみます。
    クセは少なくなりましたが、せっかくのSPECの良さが薄らいだとも言えます。
    全体のバランスとしては良い雰囲気で歪みも少ないのですが、何故か、やや中高域のキツさが戻っています。

    ここで我に返ってJ1 Projectのみを試します。
    ボリュームが低い感じを受けますし、フラットな印象です。
    当然ながら物理的も安定感がありますし、音もそれを反映してか落ち着いた感じで、これがベストかもしれないなぁという予感はありましたが、もうちょっと悩んでみました。

    念のため、何も敷かないのも試しますが、歪みが少し増え、低域が軽くなった気がします。
    ただ、直置きでもヘッドフォンアンプへのノイズ混入はないようですから、低くすることに何ら支障はなさそうです。
    結果、J1 Projectか何も敷かない、のいずれかに絞り込んで比較しました。
    その上でJ1 Projectを敷いたほうが重心が下がって楽器の分離が良くなって音数が増えているのが分かり、ここでやっと確定です。

    ヘッドフォンのほうが差が分かりやすいので、チューニングはやりやすいですがその分、つい色々試してしまいますね。
    この状態でメイン機材のほうのフォノでHD-7Aの電源をオンにしてある場合のハム音をチェックしましたが、電源がオンでもハムはほぼ皆無になりました。
    最初にコレをやっとけよ、という気もしますが、双方が良くなるようにしたいという欲が出てしまいますね。
    結果的にはどちらも良くなりましたし、DACもしばらくHD-7Aのままでいけるなと感じた次第です。

    Filed under: Audio
    2018/01/17 12:00 pm | No Comments
  • 161月

    ヘッドフォン周り強化月間みたいになっていますが、今度はメイン機材にCardasの電源ケーブル「Golden Power Cord」を追加してみました。

    これもヘッドフォン周りが遠因でして、LUXMAN P-1とHD-7AにそれぞれCardas Quadlink,Twinlinkを奢ったこともあり、電源ケーブルがやや不足気味だったためです。
    不足って他にもいろいろ持ってるでしょ?という声が聞こえてきますが、長さだったり使い勝手、音傾向とか諸々の事情があるわけですよ。

    ニセモノも多いCardasですし、新しいタイプの電源プラグが優秀なのは分かっていましたが、なかなか良い出物がありません。
    当初はLUXMAN P-1にLUXMANの電源ケーブルを入れれば良いのでは?と思っていたんですけど、財務大臣から「それはあんまり良くなさそう」という厳しい評価が…。
    そこでPADかCardasか?の2択にしまして、財務大臣の許可がおりたのが今回のものだったという次第。

    Quadlinkよりは一回り太く、先日返品した真偽の怪しいHexlinkよりも明らかに太いです。
    同じCardasでもGoldenはややクセが強めと聞いていますので、どんな変化をもたらすか楽しみに導入してみました。
    場所としてはわりと消費電力の多い上流が良いだろう、ということで壁コンセントからクリーン電源までの部分に投入です。

    導入してまず感じたのが静寂感が上がった感覚です。
    これまでと同じ音量だと小さくなったように感じ、もっと派手かと思いきや、それほどでもなさそうです。
    左右に広がりが出た分、やや中抜け感はありますが、むしろ上品になっていて滑らかな印象です。
    ただし、低域は深さが出ていて、その前の変更でなぜか出づらくなっていた20〜30Hz辺りの帯域もしっかり出てくれます。
    また、主旋律だけではなく、ニュアンスや環境音、響きなど多彩な音楽の機微がより明瞭に出てくるようになりました。
    それでいて芯はしっかり通っており、説得力のあるサウンドというのはGoldenの評判通りと言えるかも。

    そこで調子に乗ってDP-77に、以前も好印象だったQuadlinkを再投入しました。
    こちらの方が変化が大きく、さきほどまでの唯一の不満点だった中抜けっぽさも解消してくれました。
    力強さと繊細さが両立し、ピアノの響板の響きもさらに明瞭になっています。
    さきほども書いた通り、余韻などが以前にも増してしっかり表現されてきましたが、それが妙なリバーブ感のように余計につき過ぎることもなく、音源の情報に沿ったウェルバランスで表現されています。

    もちろんそうは言っても、幾分の脚色は入っているようにも思われます。
    Cardasらしく、やや音場は前に出てきていますし、Goldenの持つ優美さと呼ぶべきか絢爛さのようなものは付加されているようには思います。
    ただクリーン電源への投入なのでシステム全体への影響度合いがほどほどに抑えられているのも、かえって好結果につながっている部分があるかもしれません。

    さらに調子に乗ってCDPとプリ間のXLRケーブルもCardas Hexlinkにしてみました。
    これこそ、かなりの曲者なところがあるのですが、Golden投入でCardas色が強まったのもあってか、それほど浮いた印象はなくなりました。
    かなり厚みのあるサウンドになるのは相変わらずですが、奏でる音の世界に引き込まれるものがあり、ボーカルなどでは歌詞がしっかり入ってくるように感じられます。
    かなりこってり風味になってしまうので飽きが来る可能性は否定できないところですが、AccuphaseやB&Wなど、やや淡白になりがちなウチの機器ではこれくらいでも良いかもしれません。
    とはいえ、ちょっとこのXLR部分はまだ未確定な要素がありますけどね。

    ヘッドフォン周りのほうもそれに伴って若干の見直しが入りました。
    これまではQuadlinkをP-1、TwinlinkをHD-7Aに使っていたのにQuadlinkを奪ってしまいましたから、それに似た傾向のがなかったかなぁと考えた結果、DH Labsの自作ケーブルがあったのを思い出しました。
    このケーブルはややクセがあるものの、低域がしっかりするイメージがあったのでそれがもし活きれば…という賭けみたいなものでしたが、どうやらそれが上手くハマったようでアンプの駆動力が上がったような感覚が出てきました。
    しばらくこの状態で聴いた後、メイン機材に戻って聴くとそっちのほうがスッキリ系に感じるくらいクセはやはり強いですが、こちらも今のところはこれで行ってみようかなと。

    話をCardas Goldenのほうに戻しますが、手持ちのCardasをほぼフル投入したこともあって、なんとなく生に近い(あえて原音とは言わない)感じにはなった気がします。
    ヘッドフォンで聴く時間が増えたからこそ、スピーカーの存在をより意識しない音場展開になったのは差別化ができたようにも思います。
    Neutral Referenceをスピーカーケーブルにしていた時はややかまぼこっぽい音傾向で物足りなさがありましたが、GoldenやHexlinkだと一音一音にインパクトというか、説得力があるのでそうした感じは皆無です。
    ただ決して輪郭が強調されるわけではなく、鮮度ともやや違う不思議な感覚があります。

    のんびり音楽を楽しみながら、これをどう説明したものかと思案してみたところ、「そうか!良いレンズでフォーカスが合った時のような感覚だな!」と。
    これまでピントが合ってなかったというわけではないのですが、良いレンズってファインダを覗いてビシっとフォーカスが来た時の見えにゾクッと来るものがあるんですよね。
    それは焦点が合ってる部分だけではなく、そこから緩やかにボケていく部分も美しいもので、まさにそんな印象があります。

    それだけに音源そのものがシャープネス強めの場合はキツく感じることもあるのは確かで、そこはXLRが調整ポイントかなと。
    ただ少なくとも低域の出方は現状のCardasの組み合わせが圧倒的に優位だと思いますので、しばらくはCardasフル投入で行ってみることにしたいと思っています。
    Neutral Referenceが入ってないのでは?という声も聞こえてきそうですが、それは財務大臣がリビングで使用してますので、もう戻ってきませんのであしからず。

    Filed under: Audio
    2018/01/16 12:00 pm | No Comments
  • 151月

    HD600が増えて、ヘッドフォンアンプの周りにHD598と2本置くほどのスペースがなく、ちょっと乱雑に放置していたのでなんとかしたいなとヘッドフォン掛けやスタンドを調べてみました。

    最初に思い浮かんだのは以前も試したバナナスタンドです。
    金属製のものは置く場所も選びますし、高さがあり過ぎて倒れそうだったり、意外に場所を取ったりするので木製のものを調べるとCanDoで売ってるとのこと。
    実際に見に行ってみましたが、在庫が1個しかなく、なんだかボロボロになっていて金具も紛失してるという状態でした。
    ヘッドフォンを掛けるのは結局、金属製のフックになりそうな感じでしたし、ダイソーは200円らしいのでこの路線は諦めました。

    まずは真っ当なヘッドフォンスタンドを知っておく必要もあるでしょう。
    STAXのHPS-2が真っ先に浮かびましたが、意外とそれほど高価ではなく、サイズが合うなら良い選択肢かも。
    また、ゼンハイザー純正も調べてみたところ、スタンドではないですが、HH10というヘッドフォンフックが見つかりました。
    バッグやコートなどをぶら下げたりするものに近い感じで、これを参考にしてやっぱり100円コーナーに。

    その路線で、S字フックと、なげしフックというのを見つけて買ってきました。
    他にもホームセンターではコートハンガーも良さげな感じでした。
    これだと数が5つくらいぶら下げられる感じでしたので、多頭飼いしていらっしゃる方には良いかも。
    フォロワーさんからはハットスタンドなんかもオススメしていただきました。

    そして結局はS字フックを採用しまして、2本をパソコンラックの横にぶら下げてみました。
    かなり大型のS字フックが見つけられたのでヘッドバンドを変形させたりすることもなさそうですし、強度もあって安心です。
    パソコンを使っていてやや視界に入ってくるのがウザい気はしますが、むしろ聴こうという気分になるから良いのかも。
    そもそもHD598の出番が全くなくなってますから、邪魔かなぁと感じたら片方だけにするかもしれませんが、ウチの環境ではこの掛け方が良かったようです。

    Filed under: Audio
    2018/01/15 12:00 pm | No Comments